自己破産や債務整理をお考えの方、借金返済・多重債務でお困りの横浜市・川崎市の方 無料相談実施しております。

借金返済ができなくなったら

借金返済ができなくなった・・・どうしようか・・・放っておこう、ヤミ金から借りてその場しのぎをしよう、夜逃げをしようか・・・どれも不正解です。では、どうするか?

債務整理(法的手続き)をするのです。

なぜなら、これは日本の法律が認めている債務者の救済手段だからです。本来借りたお金は返済するのが当然ですが、返済できなくなってしまった場合に、法律が認めた権利を行使することは、なんら恥ずべきことではありません。

そもそ借金返済ができないのは、すべて借り手に問題があるのでしょうか?

本来、利息制限法により、利息の上限は、借りる金額によって15~20%までと決まっています。しかし、多くのクレジット・サラ金業者の利息は、約29%という高金利です。 この高金利を認めているのが日本の政治・社会であり、このことが問題なのです。 利息制限法という法律があるにもかかわらず、貸金業規制法(貸金業者を規制する法律)によって、厳格な業務を行っている業者だけには、29.2%までの利息を取ることが許されているのです(この利息制限法と貸金業規制法との間の不透明な利息のことを、俗にグレーゾーン金利と呼んでいます)。
しかし、現実には厳格な制限であるため、ほとんどのクレジット・サラ金業者は守ることができませんので、29.2%の高金利を取ることは、本来許されないはずなのです。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0